コネクションは複数のストリームを扱う

SCTP、SSH、HTTP/2 と似たように、QUIC は単一の物理的なコネクションで別々の論理的なストリームを扱えるという特徴があります。

複数の並列ストリームは、それぞれ単一のコネクションで接続しているかのように他のストリームに影響を与えずにデータを転送できます。

QUIC コネクションは、TCP コネクションと似たような仕組みで、2つのエンドポイント間でのネゴシエーションを経て確立します。

QUIC コネクションは UDP ポートと IP アドレスで構成されますが、一旦コネクションが確立すると、それは自身が持つ「コネクション ID」により関連付けられます。

確立済みのコネクションを使って、どちら側もストリームを作成して相手にデータを送信できます。

ストリームのデータは到着順序が保証され、また信頼性があります。

しかし、異なるストリーム間では到着順序は保証されません。

QUIC はコネクションとストリームの両方においてフロー制御を提供します。

詳細は コネクション 節と ストリーム 節で確認できます。

results matching ""

    No results matching ""