UDP 上の転送プロトコル

QUIC は UDP のユーザー空間に実装された転送プロトコルです。

あなたのネットワークトラフィックを軽く確認してみれば、QUIC は UDP パケットとして見えるでしょう。

UDP 上に実装されている以上、QUIC もまた、UDP のポート番号を利用して、与えられた IP アドレス上にある特定のサービスを識別します。

現在、既知の QUIC のすべては、ユーザー空間で動作するように実装されています。

これは通常、カーネル空間で実装するよりも素早い発展が可能です。

うまく動作しますか?

エンタープライズのネットワークなどではポート53 (DNS に使われる) 以外の UDP トラフィックをブロックするように設定していることがあります。

他にも、制御技術が QUIC の性能を TCP を利用したプロトコルよりも悪くすることがあります。

このような、運用者が行うかもしれないことに関する議論には果てがありません。

近いうちに、すべての QUIC をもとにした転送の用途は、もう一つの (TCP をもとにした) 代替手段に正常に切り替えられる必要があるでしょう。

これに関しては、Google のエンジニアによると、計測では1桁台前半の失敗率だったとのことです。

良くなりますか?

QUIC がインターネットの世界にとって価値のある追加物だと証明されれば、人々はそれを使いたいと考え、自分たちのネットワークで機能することを望み、企業はそれに対する障害について考え直すでしょう。

長年にわたり QUIC の開発は進んでおり、インターネットにおいて QUIC を利用した接続の成功率は向上しています。

results matching ""

    No results matching ""