HTTPS:// URLs

HTTP/3 は HTTPS:// URL を利用して実行されます。

世界はすでにこれらの URL で満ち溢れていて、新しいプロトコルのために別の URL スキームを導入することは現実的ではなく、とても無理があると考えられています。

HTTP/2 が新しいスキームを必要としなかったように HTTP/3 もまた同様です。

HTTP/3 で状況がさらに複雑になったのは、HTTP/2 が完全に新しい方法で HTTP を転送するプロトコルであったものの、それがまだ TLS や TCP など HTTP/1 の仕様に基づいていたからです。

HTTP/3 が QUIC 上で行われるということは、いくつかの重要な側面において物事を変えることになります。

従来の平文 HTTP:// URL は現在のまま残りますが、私達が安全な転送へとさらに進んでいくにあたり、おそらく徐々に使われなくなっていくでしょう。こうした平文 URL へのリクエストは簡単には HTTP/3 へアップグレードされません。現実にはその他の理由により HTTP/2 にも稀にしかアップグレードされません。

最初のコネクション

以前に訪れたことがない新しい HTTPS:// URL のホストへの最初のコネクションは、おそらく TCP 経由で行われる必要があります (加えて QUIC 経由での接続を並行して試みることもあるでしょう) 。

接続先のホストは QUIC をサポートしないレガシーなサーバーかもしれませんし、その中間に QUIC コネクションの障壁となるミドルボックスが存在するかもしれません。

モダンなクライアントやサーバーであれば、おそらく最初のハンドシェイクで HTTP/2 をネゴシエートします。

コネクションが確立され、サーバーがクライアントの HTTP 要求に応答する時に、サーバーはクライアントに対して自身の HTTP/3 のサポートとその優先度を伝えることができます。

results matching ""

    No results matching ""