Earlier data

QUIC は新規コネクションのネゴシエート時間を短縮するため、0-RTT ハンドシェイクと 1-RTT ハンドシェイクを提供します。

TCP における 3-way ハンドシェイクと比較してみてください。

加えて、QUIC はより多くのデータを処理するため、最初から "early data" をサポートしており、TCP Fast Open よりも簡単に利用できます。

既存のコネクションが終了するのを待つことなく同じホストへ別のコネクションを接続できることが、ストリームのコンセプトとして挙げられています。

TCP Fast Open の問題について

TCP Fast Open は、2014年12月に RFC 7413 として公開されました。

この仕様では、初回の TCP SYN パケットが既に配信されているサーバーに対して、アプリケーションがどのようにデータを渡すのかについて説明しています。

有志によるこの機能のサポートには時間がかかっており、2018年の現在でも問題が発生しています。

TCP スタックの実装者やアプリケーションがこの機能の利点を利用するためには、OS バージョンに応じた有効化の方法や、問題が発生した際にどのように正常な処理に遷移するのか、の両方を理解する必要があります。

いくつかのネットワークが TFO トラフィックを妨げ TCP ハンドシェイクを台無しにする事が確認されています。

results matching ""

    No results matching ""