これまでの歩み

最初の QUIC プロトコルは Google の Jim Roskind によって設計され、最初の実装は2012年に行われました。2013年に Google の実験として世界中に公開されました。

当時は QUIC は "Quick UDP Internet Connections" の略語だとされていましたが、そのときからこのように言われなくなりました。

Google はプロトコルを実装し、それに続いて広く使われている Google 製のブラウザ (Chrome) と、広く使われている Google のサーバーサイドのサービス (Google検索、gmail、youtube などなど) に実装しました。彼らは非常に早くプロトコルを改善し、このプロトコルが大量のユーザーでも信頼性が高く動作することを証明しました。

2015年5月に最初の QUIC のドラフトが標準化のために IETF に提出されましたが、QUIC ワーキンググループが承認されスタートするのは2016年後半までかかりました。しかし、多くの人々から注目を集め QUIC ワーキンググループは早急に立ち上がりました。

2017年には Google の QUIC エンジニアが 全ての インターネットトラフィックの約7 %がすでに Google 版の QUIC プロトコルを利用していると報告されました。

results matching ""

    No results matching ""