HTTP/2、覚えていますか?

HTTP/2 の仕様、RFC 7540 は2015年の5月に公開され、インターネット及び Web に広く展開・実装されてきました。

2018年はじめには、世界トップ1000のウェブサイトのうちほぼ40 %が HTTP/2 で動作しており、Firefox が発行する get レスポンスのうちおよそ70 %の HTTPS リクエストを HTTP/2 が占め、すべての主要なブラウザやサーバー、プロキシが HTTP/2 をサポートしています。

HTTP/2 は HTTP/1 におけるおびただしい数の欠点に対処しており、導入によって HTTP ユーザーが抱える多くの回避策を使わなくてすむようになります。

HTTP/2 の主要な特徴の一つには、多重化があり、論理的な複数のストリームを物理的に単一な TCP 通信で転送することができます。

輻輳制御の動作が飛躍的に向上し、ユーザーが TCP をより効率的に使うことができるため、帯域幅を適切に使い切ることができ、 TCP コネクションをより長く持たせるようになります。

結果として、以前よりもより頻繁に最高速の通信に達することができます。

ヘッダー圧縮により帯域幅をより小さくできます。

HTTP/2 によって、ブラウザは、原則以前は6本だったのがホストごとに 単一の TCP コネクションを使うようになります。

実際、HTTP/2 で使われているコネクションの統合と「デシャーディング」技術はそれよりもさらに接続数を減らすことがあります。

HTTP/2 は HTTP における head-of-line ブロッキング問題 (クライアントは、次のリクエストを送信するために既存のリクエストのデータを取得し終わるまで待たなければならない問題) を解消しています。

http2 man

results matching ""

    No results matching ""